Home > ラジオ関連 > 8月11日(金曜日) 1976年の受信LOGから

8月11日(金曜日) 1976年の受信LOGから

 1976年のきょう、どんな放送を聴いていたかLOGを引っ張り出して覗いてみましょう。なぜ1976年かというと、理由はありません 笑

 8月ということもあって当時はハイバンドの受信が安定していました。わたくしも学生だったこともあり、変に早起きをしたりしていたことがわかります。でも、やはりリスニングの中心は日本時間の午後から夜にかけて。今は聞けないなつかしい局の名前がいっぱい出てきて、ついついLOGを読みふけってしまいます。

JST/周波数/局名/使用語/受信状態(SINPO) 
0030 11880 Voice of Turkey in Bulgarian 34433
0105 15315 Radio France Intl. Paris Calling Africa in English 44443
0135 12140 Radio Espana Independiente (Clandestine) in Spanish 33433
0530 9740 Radio Portugal in English 43433
0650 11895 Radio Free Europe in Romanian 33433
1435 15170 Radio Tahiti in French 34443
1600 15120 Radio Norway in Norwegian 34433
1600 15305 Swiss Broadcasting Co. in English 34443
1630 15165 Radio Denmark in Danish 23432
1630 9525 Radio Habana Cuba in English 44333
1900 9570 Radio Canada Intl. in English 22322
2120 6383 Radio Ulan-Bator in English 43433-42432 (CWの混信)
2130 15120 Radio Sweden in English 44433
2215 15430 Swiss Broadcasting Co. in English 34443
2230 15110 Radio Finland in English 24422
2235 17920 Radio Cairo in English 34433

1976年にはまだ私はアラビア語の知識を殆ど持っていなかったので、主としてハイバンドの欧州局を聞いていたことがわかります。その中に、毎日しつこくリスニングしていたのが6383kHzのモンゴルでした。受信状態がいいのか悪いのか。とにかく信号が強くても変調が浅くて音声が聞こえなかったり、モールス局の強烈な混信があったりと、意外にきれいに聞こえることが少なかった局でした。複数回投書を送ったら「You are the most correct listener」だとの手紙とともに大量の本やペナント、切手が送られてきたことがありました。英語の学習のためにも、アジアの中で意外に目立たないモンゴルという国の放送に興味があった時期でした。今では日本語放送もあり、受信も容易になりました。その後私はモンゴルを卒業し、中東・アラブ世界に足を踏み入れることになります。

Ulan-Bator QSL IMG_20170812_0001.jpg


76年の夏というとモントリオール五輪が開催された年でもありました。何もかもが新鮮に感じられ、新しいことを次々に吸収していた頃でした。

Comments: 0

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Home > ラジオ関連 > 8月11日(金曜日) 1976年の受信LOGから

Tag Cloud
Search
Links
Feeds

Return to page top