Home > ラジオ関連 > 9月17日(日曜日) 昔のLOGの話

9月17日(日曜日) 昔のLOGの話

 このページでは昔のLOGの話をたびたびお届けしていますが、きょうは昔のLOGの話ではありますが少し毛色が異なるところを…

 私はかつてDXingをアクティブに行っていた頃、LOGを2種類つけていました。一つはリスト用でとにかく受信できた局の局名と周波数、受信状態等を次々と記入するもの。もう一つは番組の内容を書き取って、受信報告書を送れるように準備しておくものです。このHPで過去の受信リストを紹介しているのは、前者に記録されている情報をもとにしています。

 後者のLOGを眺めてみると、昔のニュースの項目などが記入されていて、往時の国際情勢がよくわかります。中学、高校時代のLOGではもちろん英語力が十分でなかったり、受信状態がさほど安定していたわけではなかったりと、その内容はいささか不十分だったりするわけですが、まぁそれでも頑張って聞いていたのだということがわかります。

 1978年の9月15日は、ORF Radio Austriaの英語放送"Report from Austria"の記述があり、日本時間の17時半から21555kHzで比較的良好に受信できていたことがわかります。

 その日のニュースでは:中東和平交渉で調印の見通し、ポルトガル議会混乱、ローデシア情勢報告 などが伝えられたとメモされています。5分間のニュースのあとは話題のコーナーで、オーストリア中央銀行の経済計画に関連する話題とタバコをめぐる問題、そしてサイクルスポーツに関連してゲストインタビュー と続いていました。この日は1748分からオーストリア民謡が2曲流され、52分から"Shortwave Panorama"のお知らせ、終了アナウンスとなったと記録されています。この日の21555kHzの受信状態はSINPO34433程度で、番組のおしまいまでエコーはかからなかったと記述されています。

 ほかのページには、この日の前後に継続的にORFの放送の受信状態のチェックをしていたことが記録されています。一週間後の9月22日にも17時30分の放送の内容の詳細な記述があり、中東和平交渉(調印が9月17日だった)後の動き、ナミビア問題をめぐるザンビア・ナイジェリア首脳会談、イランを襲った地震で2万5千人が死傷、ブルガリアの指導者がウイーン訪問… などのニュースが放送されていました。そのときの受信報告に対して送られてきたベリ・カードがこれです:

IMG_20170917_0001.jpg

 あの当時、ハイバンドが良好に受信できていて、局の技術部から様々な資料をもらっていたので、こちらからも継続的なモニター情報を提供していたことを思い出しました。

Comments: 2

KAUNAS URL 2017-09-18 Mon 19:47:23

おーとさま

 同じ図柄のQSLですか。奇遇ですね(笑)

 多くの短波送信所が閉鎖される中、このMoorsbrunn送信所は今も健在です。Radio Japanもこの送信所を中継局として使用しています。

 それにしても、1977年というと冬のハイバンドは壊滅的だったように記憶しているのですが、17時台のORFが16メーターバンドで受信できていたのですね・・・ といいながら昔のLOGをひっくり返してみていたら、確かに17815kHzは比較的良好に受信できていたようです。当方は同年12月3日の17時から17815kHzでSINPO34443だったという記録が出てきました。でも、その後たった30分の間に受信状態が悪化して、エコーがかかって… という感じだったようです。ちなみに、同時刻に極東向けには15105kHzが出ていて、そちらのほうは17時30分からの英語が44443程度で聞こえていたと記録されています。

 それにしても、おーとさまもきちんとQSLなんぞを保存しているのですね! てっきり断舎利なんぞで捨て去られたのかと思っておりました。ということで、はやく本格的な受信を再開しましょうね♪

 店主敬白

おーと URL 2017-09-18 Mon 16:26:22

我が家にも同じ図柄のカードがあります。受信日は1977年12月13日の17時半からで、周波数は17815kHzです。”Report from Austria"の内容は殆ど理解できてなかったですねぇ。受信状態の如何にかかわらず…(笑)。

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Home > ラジオ関連 > 9月17日(日曜日) 昔のLOGの話

Tag Cloud
Search
Links
Feeds

Return to page top