Home > ラジオ関連 > 3月2日(金曜日) ラジオの醍醐味を久しぶりに…

3月2日(金曜日) ラジオの醍醐味を久しぶりに…

 私は朝夕の通勤時間帯にラジオを聞いています。JRの車両は電波が車内にまでうまく届かないのでもっぱらタブレット端末を使っていますが。朝の時間帯は木曜日だけ文化放送、その他の平日はTBSラジオを聞き、夜帰りの時間にはギリシャの音楽FM放送のライブストリーミングを楽しんでいます。

 朝のTBSラジオ、けさのゲストはマツコデラックスさん。普段はラジオには殆ど出演しない人ですが、ゲストとして登場。期待通り、進行役のアナウンサーに毒のある突っ込みを入れて、いつもの番組の雰囲気を「まるでNHKラジオ深夜便みたいだ」などと揶揄しまくり。当然のことながら進行役の思惑通りには番組は進まず、トークが炸裂する50分間でした。ただ、マツコデラックスさんという人は緩急のつけどころをきちんとわかっていて、暴走しているように見えてきちんとブレーキをかけつつ安全運転の本音トークという感じ。面白がりながら安心して聞いていられるという、微妙なバランスが実に上手いと思わせてくれました。

 番組を聞いていて、70年代にNHK総合テレビで永六輔さんらが進行をつとめた「テレビファソラシド」という番組をなぜか思い出しました。おそらく普段の番組に漂う「ウソ・偽善」の匂いに対して、少し本音で味付けをするというスタイル(正しい表現かどうかはわかりませんが)のようなものが共通していると感じたからだと思います。

 久しぶりにTBSラジオでラジオの面白さを感じました。花粉症のためにマスクをかけて電車に乗っているのでラジオを聞きながら吹き出しても奇異な目で見られずに済みましたが、通勤電車の中で笑いをこらえられなくなったのは、桂枝雀師匠の落語の録音を聞きながら笑いが止まらなくなった事件以来かれこれ10年ぶりぐらいのことでした。

Comments: 1

manoamano URL 2018-03-05 Mon 00:48:00

これは楽しい記事ですね~。ネタバレに走らずに番組の魅力を具体的に教えて下さる方はなかなかいらっしゃらないので、通常の記事以上に興味深く読ませていただきました。小生もタイムフリーで聞いてみます。
超A級の売れっ子になってからのマツコさんのラジオ出演は非常に珍しいと思います。残念なのは、出演されたのが金曜日だったこと。もし平日の登場であれば、伊集院とマツコのどっちが喋っているか判らないカオスな放送になったでしょうに!

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Home > ラジオ関連 > 3月2日(金曜日) ラジオの醍醐味を久しぶりに…

Tag Cloud
Search
Links
Feeds

Return to page top