Home > ラジオ関連 > 3月10日(土曜日) こだわりの強い…

3月10日(土曜日) こだわりの強い…

 これまで未整理だったカセットテープの整理をしていたら、AB両面ともにリトアニアのRadio Vilniusの1975年ごろのISと開始、終了テーマ音楽が何度も何度も何度も録音されたテープが出てきました。30分テープで片面15分。うっすら記憶に残っているのは、インターバルシグナル集を作るためにとにかく美しい音の録音がほしいと思っていた…ということなのですが、ほんとうに「録り散らかした」という言葉がぴったりの統一性のない録音でした。

 中学生ぐらいのときの録音なので、いま聞き返してみると「なんでもう少し番組部分を残しておかなかったんだよ?」と突っ込みを入れたくなります。「重要なのはそっちだけじゃないでしょ?」と。

 貴重な資料というのは、そのときにはあまり重要でないと感じていた(あるいは意にも介さなかった)ものであることが殆どではないかと思います。そのときに「これは後の世に貴重な資料となる」などという先見の明が働いてくれていたら、もっと多くの興味深い記録が残ることになっていたはずです。

 私がいまも残念に思っているのが、1975年のベトナム解放の際の「ベトナムの声」日本語放送の録音です。中国の毛沢東が死去したときの北京放送の録音は残っているのに、「ベトナムの声」が録音できていません。女性アナウンサーの「ベトナムは解放されました。ベトナムは解放されました」というアナウンスがいまも耳に残っています。私はそのときまさにその放送を聞いていたから、余計に悔しいのです…

Comments: 0

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Home > ラジオ関連 > 3月10日(土曜日) こだわりの強い…

Tag Cloud
Search
Links
Feeds

Return to page top