Home > ラジオ関連 > 3月17日(土曜日) 古いベリ・カードのデジタル資料化作業

3月17日(土曜日) 古いベリ・カードのデジタル資料化作業

 DXer諸氏の中には、世界各国の放送局から送られてくるベリ・カード(QSLカード)の膨大なコレクションをお持ちの方も少なくないことと思います。私はさほど多くのカード類を収集してきたわけではありませんが、それでも数十枚単位でそのようなカードが手許にあります。時間の経つのは驚くほどはやいもので、私自身、学生の頃に海外から送ってもらったカード類もいまや40年前後の歳月を経たものがほとんどになっています。

 これらのカード類を眺めると、昔の思い出についつい浸ってしまいます。いつの間にか齢を重ねてきたという実感とともに… 幸いなことに大半のカードは特に著しい劣化に見舞われることなく、往時の姿をいまも保っているのですが、ここにきてこれら資料をデジタル化して残しておきたくなってきました。

 そこで、少しずつスキャナーを使ってデジタル資料化を進めることにし、とりあえず20枚ほどの処理を完了しました。まだまだ先は長いです。そしてもうひとつ、カード類だけではなくて昔のスケジュール表や放送局から送られてきた手紙の類も、デジタル化して保存したいと思っています。

 もちろん、古い資料は「手触り」やら「匂い」が揃って初めて価値があるというものでしょうけれど、だんだん貴重な存在となってきたこれら古い資料をそんなに頻繁にファイルから引っ張り出して愛でることは資料保護のためにもやらないほうがいいでしょう。そこで、写真化して時々眺めることで満足しようかと思うわけです。焼き物の甕の中に小判を隠して夜な夜な眺めてはほくそ笑んでいる、昔語の登場人物みたいですが、昔話と異なる点は、自分が持っている資料が小判ほどの価値があるわけでもないというところ。でも、自分にとってはやはり大切な存在なのです。

Comments: 0

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Home > ラジオ関連 > 3月17日(土曜日) 古いベリ・カードのデジタル資料化作業

Tag Cloud
Search
Links
Feeds

Return to page top