Home > 生活ネタ > 2月8日(金曜日) あの映画が!!!

2月8日(金曜日) あの映画が!!!

 きのう、このページで海外出張から帰国した話をしました。きょうは出張時に利用した航空機国際線のインフライトムービーの話です。

 国際線の機内ではさまざまなエンタテインメントが提供されます。ひと昔前までは想像だにできなかった機内WiFiだとか世界のテレビチャンネルのライブ視聴だとか、まぁ時間をつぶす手だては十分すぎるほど揃っています。機内での楽しみの一つは映画です。普段映画館やテレビで映画をゆっくりみるなどという機会もほとんどないので、国際線に乗るときはどんな映画が提供されているのか興味深いものです。

 今回利用した航空会社は、機内のエンタテインメントがものすごく充実していて、ビデオ、オーディオ合わせると数千チャンネルが提供されていました。その中で、やはりみてみようと思ったのが「ボヘミアンラプソディー」。実は私はQUEENが好きで、特に彼らのアルバム「オペラ座の夜」はアナログLPとCDと両方を持っています。カラオケに行くと、収録曲の中の「You are my best friend」「39」などを歌うこともあります(「ボヘミアン…」は一人で歌うと破綻するのでやりません 笑)。この「オペラ座の夜」に映画のタイトルともなった「ボヘミアンラプソディー」が収められている… という話はご存知の方も多いと思います。

 ちょうどいい機会だと思って映画をみ始めたのですが、なんとなくストーリー展開についていけない… 物語が進行するとともに「え?」「え?」「なんでよ?」がだんだん多くなってくる始末。

 そして気づきました。そういえば映画の冒頭に「機内上映用に一部を編集しました」という但し書きがあったのを。ここで気づかれた方は感覚が鋭い! そうなんです… わたくしが利用した航空会社は中東の大手で、「ボヘミアンラプソディー」には主人公のフレディー・マーキュリーの人生を描く際に避けて通れない彼のセクシュアリティーに関する描写が多数含まれているわけです。LGBTはイスラムの教えに反することになりますから、いかに先進的な中東の大手国際線であっても、イスラム教を国の宗教と定めている国家の倫理規定によってLGBTに関するシーンがことごとくカットされていたのです。だから、主人公と彼をとりまく人々の心情の移り変わりや葛藤がぜんぜん伝わってこなくなってしまっていて、スカスカの意味がよくわからない映画と化してしまっていたのでした。

 近々DVDを借りて、機内上映でカットされていたシーンがどのようなところだったのか、そしてそれがなぜイスラムの教えと相容れないと判断されたのか、を検証してみようと思っています。それはそれで面白いかも…

 せっかくの映画がズタズタにされて、視聴後もモヤモヤした気分だったので、気晴らしに「ミスタービーン」をみて大笑いしてしまいました。ついでに何のストーリー性もなく、しかし大好きなABBAの楽曲が満載の「マンマミーア」も!

Comments: 8

KAUNAS URL 2019-03-03 Sun 12:36:26

manoamanoさま

 へへへ、そんな気はなかったんですけどね♪ 
 言われてみたらおもしろいかも…

 店主敬白

KAUNAS URL 2019-03-03 Sun 12:35:23

おーとさま

 きのうの夜、また独りでカラオケに行ってきました。ABBAの歌、意外とラインナップが偏っているので、歌ってみたいと思う楽曲が入っていないです。わたくしはThank you for the musicぐらいしか歌わないです… だいたい早口になると英語がついていかないので 苦笑

 店主敬白

manoamano URL 2019-02-13 Wed 20:50:38

「ボヘミアン・ラプソディー」と、
「ディスカウント・エコノミー」が韻を踏んでいるようないないような…(笑)

おーと URL 2019-02-11 Mon 21:43:04

「マンマ・ミーア」は、映画より舞台の方が数倍良かったです。ミュージカル全般に言えると思いますが、舞台だと客席と一体になって自然に盛り上がれますでしょ。師匠のおっしゃるとおり、映画では何故か客席が邪魔に感じられちゃいますよね。
カラオケでABBAを歌うなら、One of Us、My Love My Life、That's Me あたりが私の好みです。ウダウダした内心を歌った詞が好きなんですよ。歌えるところが少ないですけどね(笑)。

KAUNAS URL 2019-02-11 Mon 19:52:32

おーとさま

 QUEENの「ボヘミアン・ラプソディー」を観たのは「ディスカウントエコノミー席」でですよ。ただエアラインがダメだったということなんですよ。

 ABBAの楽曲は改めてよさを感じる今日この頃です。確かに「マンマ・ミーア」はインド映画と変わらないですね。ストーリーはなんだかどうでもいいようなもんですし、無理やり歌をはめ込んだ感じで。ABBAの楽曲のうち、とっても気に入っている何曲かはカラオケに入っていないので不満です。歌ってみたら全然ダメ…かもしれないけど、ラインナップに入っていなければどうしようもないのです。多分権利の問題とかがあるのでしょうね。

 ABBAの再集合、新アルバムも期待したいところですが、40年以上経ったところでリリースされる音ってどうなんでしょうか。出たら必ず聞きますけど。

 店主敬白

KAUNAS URL 2019-02-11 Mon 19:46:45

manoamanoさま

 ははは、相当溜まっていることがバレましたか 笑

 おっしゃるとおり、映画館は「その手」の人たちがうるさいとイヤなので、やはり家で観ることにします。
 昔からのファンの一人としては、映画に触発された「にわか」のみなさまとは違うんだ!といいたい気持ちもありますが、まぁこの話題で各方面のみなさまと話を合わせることができるとしたら、それもよいかと…
 ちなみに、昨日の夜、民放でQUEENのギタリスト ブライアン・メイ が愛用しているギターのことが話題になっていました。結構面白かったです。

 店主敬白

おーと URL 2019-02-11 Mon 13:49:01

「ボヘミアン・ラプソディー」、大人気ですね。カミさんは「めっちゃ良かった」と言ってましたが、私はクイーンが守備範囲外なので未だ視てません。そのうちエコノミー席の機内サービスでも放映してくれれば視るかも。
ABBAの方は元ファンクラブ会員なので、義務感もあって(笑)続編も昨年に映画館で視ました。まぁそれなりに上手くできていて気楽に楽しめるのが良いところですが、インド映画にしか見えませんね(笑)。メリル・ストリープがいなくなって、シリアスな場面(曲)がなくなった感じです。
ABBAの新アルバムは本当に出るんでしょうかねぇ。

manoamano URL 2019-02-10 Sun 16:44:50

その後、連打された記事を拝見しますと、相当に溜め込んでおられるようで心配です。
ここは、「DVDで…」なんてケチなことは言わずに、いっそのこと劇場でぱぁーっ!と派手に『ボヘミアンラプソディー』を御覧になるべきでは? まだ上映していますし。
(先週、津波被害から間もなく8年を迎えようとする海辺の街に行きましたら、その街でも、郊外モールにあるシネコンでロングランしていました)

もしお住まいか通勤圏が首都圏でしたら、立川か川崎が音響的にオススメだとか。
ただし、回によっては『ロッキー・ホラー・ショー』的な「応援上映」形式になっているので御注意を。

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Home > 生活ネタ > 2月8日(金曜日) あの映画が!!!

Tag Cloud
Search
Links
Feeds

Return to page top