Home > ラジオ関連 > 7月7日(日曜日) 久しぶりのアメリカ

7月7日(日曜日) 久しぶりのアメリカ

 7月1日から2泊4日という弾丸スケジュールでアメリカ西海岸に仕事で出かけてきました。目的地はシアトルとサンフランシスコ。1日の午後4時台のフライトでシアトルに到着すると到着するのは1日の午前9時過ぎ… 時計の針が逆戻りするという不思議な感覚でした。天候は晴れ。7月とはいうものの、夜は18度ぐらいまで気温が下がり、しかもカラッとしているのでとても過ごしやすい陽気でした。

 シアトルでの仕事は午後まで続いて、夕方6時台のフライトでサンフランシスコに移動しました。ということは機中泊の時間はあったものの、殆ど寝ていないのに、シアトルでも仕事という、最悪の状態で一日を過ごしたことになります。

 サンフランシスコはシアトルよりももっと気温が低く、夜は寒いぐらいでした。サンフランシスコに到着したのが午後8時半過ぎ。ホテルに移動して、夕食をとって、そこでやっと7月1日が終わりました。長い一日でした まったく。

 サンフランシスコでの仕事は7月2日いっぱいかけて。でも、ここでふと思ったのが、そういえばサンフランシスコといえば昔KGEIが日本語放送を実施していたな、ということでした。KGEIはもう1994年に閉局してしまったので、放送局を訪問するチャンスはないわけですが、空き時間にどこかラジオ局を訪問できないかと考えました。幸い、知人の伝で現地のNPR系列のFM局KALWの訪問ができることになりました。このラジオ局は大学ラジオ局で、ラジオジャーナリズム、番組制作などの研修のプログラムを持っており、アメリカ全土から学生を受け入れています。

DSC_0027_1.jpg

 深夜時間帯はBBC World Serviceをそのままスルーでキャリーしているほか、カナダのCBCの番組を一部放送していたりします。サンフランシスコが西海岸のマルチエスニック地域であることなどから、アジアの文化にも理解が深いラジオ局です。印象的だったのは、このラジオ局がとにかく「ラジオ」を大事にしていること。そして「ラジオメディア」に誇りを持っていることです。局の入り口には、1940年代から70年代にかけて使われたトランジスタラジオが飾られています。なかにはわたくしたちの興味をひくようなオールバンドラジオも含まれていて、思わずダイヤルに手を伸ばしてしまいました 笑

DSC_0026_1.jpg

 KALWには1時間ほどお邪魔して、その後、サンフランシスコ空港から羽田に舞い戻りました。

 とにかく疲れる旅ではありましたが、仕事だけでなくラジオ局訪問も叶い、それなりに充実した時間を過ごすことができました。2003年の9月以来久しぶりのアメリカ訪問でした。

Comments: 4

氏名不詳! URL 2019-07-21 Sun 01:30:21

こんにちは。「氏名不詳」です(笑)
ご常連のおーと様も海外によく行かれる方なのですね。せっかく異国にいらっしゃるのに自炊で忙しいから、聞いていても面白くないから、と手ぶらでいらっしゃるのはやっぱり勿体ないなあと貧乏性の小生は思ってしまいます。かく言う当方も稀に海外に出るとき持参するのは、もっぱらFMチューナー搭載のICレコーダーで、そのためにわざわざ108MHzまで聞ける機種を買った次第です。あれっ?!これってTalkmaster をお持ちになる おーと様とおんなじですか???

おーと URL 2019-07-18 Thu 23:03:26

我が家は欧州での休暇中も基本的に自炊なので、炊事・洗濯等の家事に追われて「時間が無い」んですよ。それに、スイスやその周辺国のラジオ番組って(言葉が分からないからかも知れませんが)聴いてて面白くないんです。
今年の3月に久し振りにセブへ行きましたが、その時はTalkMasterⅡを持って行きましたよ。自炊じゃなかったですからね。プールサイドでタガログ語のCMを聴いてるだけで楽しかったです。セブは私が初めて出掛けた海外の地なので、あの頃の楽しい想い出に浸ってました。

KAUNAS URL 2019-07-15 Mon 21:24:16

manoamanoさま

 更新がまたストップしてしまい、すみませんでした。ネットにつなぐ機会があまりなかったものですから、ついついこのブログの更新もおろそかになってしまいました。おかげさまで元気にしております。
 
 ラジオ局の陳列棚のアンティークなラジオたちはなかなか興味深いものがありました。あれだけのコレクションを大事にしている局はあまりありません。自分たちの存在価値を認識しているからこそだと思いました。

 海外出張の際に持っていくラジオは、SONYの小型ワールドバンドラジオICF-SW100です。カセットテープを少し大きくした程度のサイズなので、持ち運びの邪魔になりませんし、感度も良好なのでロッドアンテナだけでRadio Japanをはじめ各局を受信できます。FMもワイドバンドなので海外でももちろん使えます。これまで各地に出張した際に殆ど同行させてきました。

 ただ、海外に仕事で出かける際には確かにあんまりラジオを聞く時間はありません。ホテルに戻って夜のくつろぎ…と思っていても、毎日の報告書に追われてしまうこともしばしばです。テレビも視ないです。バングラデシュのダッカに出張したときには、タクシーの車内で窓からロッドアンテナを出して、東京からの放送を受信したりしましたけど。

 店主敬白

氏名不詳 URL 2019-07-15 Mon 15:15:08

久しく御更新が無く、おーと様の暖かい書き込みも放置されたままで、そういえば今夏は表紙にラマダンの看板もお出しにならなかったなあ…とずっと心配でしたが、海外に御出張でしたか。御無事で何よりです。
ラジオ局で御覧になったディスプレイは非常に興味深いですね(棚があったので単に古いラジオを適当に並べただけかも知れませんが)。真ん中にあるのは何やらSONYのearth orbiterに似たデザインだなあ…などと覗き込む店主さまのお姿が目に浮かぶようです。この局のSJも公開して頂けるのかな?
ちなみに、海外出張にはどんなラジオをお持ちになるのでしょうか。当方が存じ上げるとある紳士は、年に何度もヨーロッパにお越しになられるのですが、「ラジオは持っていかない」のだそうです。「聞いている時間もない」のだとか。本当にもったいないことです。

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Home > ラジオ関連 > 7月7日(日曜日) 久しぶりのアメリカ

Tag Cloud
Search
Links
Feeds

Return to page top