Home > 生活ネタ > 7月28日(日曜日) 台風~梅雨明けもまもなくか

7月28日(日曜日) 台風~梅雨明けもまもなくか

 台風(のちに熱帯低気圧)の進路次第で関東地方の気象状況が気になっていましたが、きのうは低気圧の進路が北に寄ったために関東地方南部は夜まで雨が降るどころか、強い夏の日差しが照りつける蒸し暑い一日となりました。低気圧が通過した夜から明け方にかけて雨が降ったようですが、一夜明けた今朝はまた天気がよく、そろそろ梅雨明けかと思わせるような天気となっています。

 7月は殆ど日照がなく、そうなると気分もなかなか明るくならず…という感じでしたが、逆にこれだけ急に蒸し暑くなると不快指数はうなぎのぼりです。でも人間とは勝手なもので、真夏の暑さ~梅雨明け間近なのに、今度は涼しいほうがよかったなどと考えてしまうのです。

 きのうは、予想外の好天となったため、各地で予定されていた花火大会など夏の催し物をめぐってはさまざまな判断が下されたようです。まず、隅田川の花火ですが、こちらは予定通り開催して正解でした。毎年テレビ東京が中継してくれるのでそれを見ながら2013年のことを思い出していました。

 2013年の隅田川花火は、悪天候が予想される中開催されましたが、30分ほど経ったところで豪雨と強い風に見舞われてしまい、途中で中止となる前代未聞の事態となりました。わたくし、隅田川の花火はこれまで一度だけ、不幸にもあの2013年の花火大会だけしか生で見に行ったことがないのですが、あの時は本当に驚きました。

 一方、きのう悪天候を予想して早々とイベントと花火大会を中止する決断を下したのが隣の町でした。毎年ミュージシャンを招いてコンサートを開催したあと、夜8時半から花火が上がるのですが、風雨が強まると予想してイベントの中止が発表されました。でも、結果的には午後10時過ぎまでは晴天が続き、決定が裏目に出てしまった形です。難しい決断だったと思います。でも、小さな町なので本当なら少しでも観光客が来てくれるとよかったのでしょう。

 わたくしが住む町内会では、この隣町の花火大会と同じ日と次の日(日曜日)の二日にわたり、盆踊り大会が催されます。こちらのほうはきのうの天気予報にもかかわらず予定通り開催を決め、結果的には子どもたちを含め地域からの多くの来場者で賑わいをみせていました。わたくしもちょっとだけ覗きにいって、たい焼きを買ってきました。隣町の花火が上がると、その時間帯だけ盆踊りの会場の人たちがいなくなってしまうのが問題なのですが、ことしは花火大会が中止されたので、盆踊り大会はずっと盛況でした。

 夏の天気は驚くほど早く変化することがあります。あらゆる可能性に備えてイベント実行委員会などが苦労していることを思うと、花火大会の中止も仕方なかったのだろうと思います。

Comments: 0

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Home > 生活ネタ > 7月28日(日曜日) 台風~梅雨明けもまもなくか

Tag Cloud
Search
Links
Feeds

Return to page top